間取りは?費用は?注文住宅で平屋を建てよう!|かすみがうら市

 

老後をゆったりと過ごす『終の住処』というイメージの強かった平屋の家。しかし最近ではスタイリッシュなデザイン、シックなデザインのものも増え、若者も家づくりの選択肢として選ぶようになりました。

とはいえ、平屋のどんな部分が良いのか、なぜ家づくりで選択されるのかなど、疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。平屋には、平屋にしかない魅力がたくさんあります。今回は、平屋の家づくりを進めるにあたって知りたい平屋の魅力、価格相場、資金計画を立てる際に大切なポイントなどまとめてご紹介します。

 

 

目次


◼ 平屋の魅力
・家族をいつも身近に感じる
・開放的な雰囲気
・生活動線の短縮
・安定の構造
・快適な室温

◼ 平屋の価格相場は?
・二階建てとの比較

◼ 平屋の家・資金計画を考えよう
・自己資金の準備
・住宅ローンの利用

◼ 平屋の建築実例

◼ 平屋で満足度の高い暮らしを

 

 

 


コラムのポイント
・平屋の家には、家族をいつも身近に感じることができて開放的な雰囲気がある、暮らしやすい生活動線、安定の構造、快適な室温を保つことができる、といったたくさんの魅力があります。
・平屋の価格相場は、依頼するハウスメーカーや間取り、設備によって変わりますが2~3LDKの広さで1,000~2,000万円程度といわれています。自己資金の準備や住宅ローンの利用など、全体のバランスを見ながら資金計画をたてましょう。
・平屋には、選ばれるだけの理由がたくさんあります。家づくりに関するご相談、ご質問は、ハグハウスつくばにお気軽にお問い合わせください。


 

 

 

平屋の魅力

 

alt=“”注文住宅 平屋 見出し画像

 

平屋の家には、二階建て住宅などにはない魅力がたくさんあります。

 

家族をいつも身近に感じる

平屋はワンフロアで生活空間が集中しています。そのため、一緒に過ごす家族に常に目が届き、コミュニケーションをとることができるという特徴があります。一緒に住んでいるとはいえ、活動時間が違えばすれ違う時間も増えてくるもの。お互いゆっくりと話をすることができず、寂しさを感じるかもしれません。

しかし、平屋の場合はそんな寂しさを感じることなく、常に家族を身近に感じることができます。

 

 

開放的な雰囲気

あまり間取りを区切らず、開放的な間取りが特徴の平屋の家は、広々とした空間です。天井を高くする、大きな窓を増やす、というように間取りの自由度も二階建て住宅などに比べると高くなるため、建築段階から様々な工夫を凝らすことができます。

自然光がたくさん降り注ぐリビング、部屋からひとつづきのウッドデッキ、壁などの仕切りの少ない部屋などが実現します。

 

 

生活動線の短縮

ワンフロアしかないため、階段を使った移動がなく、段差もないため移動が楽な平屋。この生活環境は、小さな子どもの転倒防止にもなりますし、動きが不自由になった高齢者にとっても優しい環境です。

家事一つとっても行ったり来たりすることもなく、体力を消耗しないだけでなく時短にもなります。家族の時間、一人の時間を大切に過ごすことができます。

 

 

安定の構造

建物の高さが低く、どっしりとした造りの平屋住宅は、安定した構造です。地震や台風などによって引き起こされる揺れや強風などの、昨今多くの被害を出している自然災害にも耐え、家族の暮らしを守ることができます。

 

 

快適な室温

ワンフロアの生活空間になるため、エアコンを各部屋全体に行き渡らせることができます。リビングを出てお風呂場に行ったらすごく寒い…ということもほとんどありません。冷暖房効率が良いため、光熱費も下げることができます。急激な温度差による身体への負担も抑える事ができるので、小さな子どもや高齢の方にとっても安心です。

 

 

土地情報はこちら


施工例のご紹介


土地情報はこちら

 

 

平屋の価格相場は?

 

alt=“”注文住宅 平屋 見出し画像

 

家づくりで気になるのは、やはり費用面です。

 

二階建てとの比較

 

平屋の家の予算は、工法や依頼するハウスメーカー、間取りや予算によって変わってきます。相場としては、2~3LDKの広さで1,000~2,000万円程度を見ておくと良いでしょう。

 

平屋の家と二階建ての家は、価格差があると言われており、平屋の家の方が高価格になる傾向にあります。

その理由として、基礎と屋根の広さが挙げられます。平屋の家を建てる場合、ある程度土地の広さが必要です。そうでなければ生活空間を確保することができません。そのため、二階建ての家よりも広い家が建ちます。この時に、必然的に基礎を大きく造る必要があります。それに伴い、家を覆う屋根面積も広くなります。これらにかかる工事費が高くなるため、平屋の家は高価格になると言われています。

 

 

ハグハウス HIRAYA プランの間取り

 

 

平屋の家・資金計画を考えよう

 

alt=“”注文住宅 平屋 見出し画像

 

家づくりに備え、資金をコツコツ貯めている、という方も多いでしょう。

家づくりにかかる費用は、
・家本体の工事費
・その他の工事費
・土地の購入費用
・それ以外にかかる諸費用

とがあります。
これらの費用も、現金で用意するものと住宅ローンで払えるものとに分けられます。
あらかじめ、全体的にどのくらい金額がかかるのかを把握しておき、資金計画をたてておきましょう。

 

 

自己資金の準備

自己資金は、家づくりにかかるそう費用の20〜30%を準備するのが理想とされています。
自己資金を全て家づくりに投じてしまえば、家が建った後の生活がままならなくなってしまいます。投入できるだけの資金と求める家のバランスを考え、家づくりを進めていきましょう。

 

 

住宅ローンの利用

家づくりに利用出来る住宅ローンには、様々な種類があります。また、銀行やローンの商品によって借り入れできる額や返済期間が異なります。変動金利型、固定金利型など、プランも様々です。自分たちにフィットした住宅ローンを、将来的なことも考えて利用するようにしましょう。

また、借りる額ではなく、将来的にいくら返せるかを考えることがある程度の目安になります。住宅ローンの返済額は、年収の25~30%以内と一般的には言われています。今の暮らしに必要な資金、貯蓄や返済に充てる金額、老後の資金などトータルで考えながら返済計画をたてていきましょう。

 

家づくりの資金計画|茨城県つくば市

 

 

平屋の建築実例

 

ハグハウス 平屋 M様邸

 

 

平屋で満足度の高い暮らしを

 

alt=“”注文住宅 平屋 見出し画像

 

平屋には、選ばれるだけの理由がたくさんあります。土地に余裕がある、日当たりも良く平穏な暮らしをしていきたい、家族といつも密なコミュニケーションをとっていたい、という方には魅力的な暮らしではないでしょうか。

 

ハグハウスつくばは、数多くの平屋住宅を建ててまいりました。これから家づくりを始める、理想のつまった平屋住宅を建てたい、という方は早めにご相談ください。ご要望に合わせて、様々なプランをご提案させて頂きます。お気軽にお問い合わせください。