デザインだけじゃない!オープンキッチンの5つの魅力|かすみがうら

 

理想のつまった家づくり。中でも女性が特に楽しみなのは、キッチンではないでしょうか。どんなデザインにしよう?どんな調理器具を揃えよう?キッチン扉の色はどうしよう?と想像も膨らみますね。

キッチンは、どんなスタイルを取り入れるかによって、使い勝手も雰囲気も大きく変わってきます。特にオープンキッチンは、デザイン性の高さだけでなくたくさんの魅力があります。そして工夫次第で、調理器具や料理をさらに素敵に魅せることができます。

そんなオープンキッチンの魅力や設置するときのポイントなど、まとめて見てみましょう。

 


コラムのポイント

・オープンキッチンとは、壁やカウンターなどで仕切られておらず、リビングやダイニングと空間がひとつなぎになったものです。アイランド型、ペニンシュラ型などがあります。
・オープンキッチンには、空間が開放的になる、家族皆で調理を楽しめる、動線が楽、子どもに目が行き届く、綺麗をキープできるといった魅力があります。
・臭いが広がりやすい、生活感が出やすいといった点もありますが、うまくカバーすることで快適な暮らしが手に入ります。


 

 

 

 

オープンキッチンってどんな形?

家づくりを始めるまで、キッチンの形はあまり気にしたことがないという方も多いかもしれません。実際には、実家や賃貸物件に設置されているキッチンの形状以外にも、今はたくさんの種類があります。

 

今回ご紹介するオープンキッチンとは、壁やカウンターなどで仕切られておらず、リビングやダイニングと空間がひとつなぎになったものをいいます。

そんなオープンキッチンは、次のような種類に分けられます。

 

 

 

アイランド型

 

アイランド型のキッチンは、その名の通り部屋の中で島のようになっているキッチンのことをいいます。キッチンが壁にくっついていないのが特長です。

開放感があり、存在感も抜群、多くのインテリア雑誌などに登場しているので、オープンキッチンと聞くとまずはアイランド型を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

設置するためには広いスペースが必要なため、どのように間取りとのバランスをとるかなどがポイントになります。

 

 

ペニンシュラ型

 

アイランド型が、キッチンが壁にくっついていないのに対して、ペニンシュラ型はキッチンの左右どちらかが壁にくっついているのが特長です。

ペニンシュラ型とは半島という意味で、このタイプも開放感があるキッチンです。ただ、壁にくっついている部分があるため、アイランド型に比べるとやや抑えられた開放感です。設置に必要なスペースもある程度抑えられます。

 

 

I型キッチン

 

一般的なキッチンにある、コンロからシンクまで横一直線のキッチンをI型キッチンといいます。キッチンを壁に向けて設置し、キッチンとリビングの間にカウンターなどを設置しなければ、こちらもオープンキッチンになります。

ただ、この場合オープンキッチン本来の良さをあまり活かすことができない場合もあります。

 

 

土地情報はこちら


施工例のご紹介


土地情報はこちら

オープンキッチンの5つの魅力

では、オープンキッチンにはどのような魅力があるのでしょうか。ひとつずつ見てみましょう。

 

 

 

魅力⒈ 空間が開放的になる

 

何と言っても一番の魅力は、空間が開放的になるということでしょう。オープンキッチンの場合、キッチンだけの独立した空間を作る必要がありません。キッチンの空間を確保するためにできる仕切りがなくなる分、リビングやダイニングを広くすることができます。

ひとつなぎの空間になることで、空間に余裕を感じられるのは暮らし始めてからも味わうことができるメリットです。

 

 

魅力⒉ 家族皆で料理を楽しめる

 

キッチンだけの空間として独立している場合、一人で料理を作る間、家族はリビングでワイワイ…。あの輪の中に入りたいな、みんなのために作っているのになんだか寂しい…となるかもしれません。しかしオープンキッチンなら、この寂しさを味わうこともありません。

料理を作りながら家族とも会話ができるので、コミュニケーションが取りやすくなります。また、キッチンに一緒に立って料理をしたり、出来上がった料理を運んでもらったりと過程すべてを一緒に行うことができます。キッチンと家族とのつながりを感じながら暮らすことができるのです。

 

 

魅力⒊ 動線が楽

 

特にアイランド型の場合、キッチンへの道が広く出入りがしやすくなっているため、動線がスムーズです。料理を運んだり、食べ終わった食器を片付けたり、買ってきた食材を片付けたりと、キッチンは何かと出入りが激しい場所。そこを行ったり来たりすることで、動きにくさを感じたり、家族と動きが重なってしまったりと不便があるかもしれません。

オープンキッチンは、これらの問題を解消してくれるような動線が考えられたつくりになっています。

 

 

魅力⒋ 子どもに目が行き届く

 

子どもが小さいうちは、料理や洗濯など家事をしている時でも、なかなか目を離すことができません。目を離したすきに何か事故が起きるかもしれないと考えると、不安ですよね。

オープンキッチンはリビングやダイニングの方を向いたつくりになっているため、常に子どもの様子を見守ることができます。子どもに背を向けることで起こる心配もありません。常に目が行き届く安心感で、料理に集中できるだけでなく、穏やかに子育てをすることもできるのです。

 

 

魅力⒌ 綺麗をキープできる

 

オープンキッチンは開放感があるため、キッチンの様子がよく見えます。そのため、常に綺麗にしていようと意識することができます。見えすぎることはデメリットだと感じるかもしれませんが、強制的に綺麗な状態を保つことができるため、片付けるのが苦手という方でも自然と整理整頓が身につきます。

 

 

 

このように、オープンキッチンには家族の仲を繋ぎ快適に暮らすための工夫が自然と詰まっているのです。

 

 

 

 

 

オープンキッチン設置の注意点

魅力あるオープンキッチンを設置する際は、いくつか注意しておくポイントがあります。

 

 

◼︎ 匂いと煙に注意する

 

オープンキッチンは、開放的なつくりである分、どうしても料理中の煙や臭いが部屋に広がってしまいます。朝起きたら、昨日のカレーの臭いがリビングに染み付いている、なんだか焼き魚の臭いがうっすらする、という状況は避けたいと考える方も多いのではないでしょうか。

臭いと煙を抑えるためにも、換気扇の場所や性能には注意しましょう。また、換気した時に部屋全体の空気が入れ替わるような工夫も大切です。生ゴミもこまめに捨てたりディスポーザーを設置したりと、いつまでも臭いが残らないような工夫も必要です。

 

 

◼︎ 生活感が出過ぎないようにする

 

オープンキッチンは、吊り戸棚などがないため、見た目はスッキリとしていますがキッチンの状態が丸見えになってしまうというデメリットがあります。自然と片付けが身につくかもしれませんが、放っておくと一気に生活感満載になってしまい、せっかくのおしゃれな雰囲気が台無しになってしまうこともあります。だったら収納に押し込めばいい、と思うかもしれませんが、その収納も限られています。

オープンキッチンになった時に常に整理整頓できるように、今から準備しておきましょう。出したら片付ける、を身につけておくだけで違います。また、収納スペースはパントリーとして確保できないかも工夫してみましょう。食料専用の収納スペースがあることで、使い勝手は大きく変わります。家電や食器を全てキッチン壁側に収めてしまうのも良いでしょう。

 

土地情報はこちら


施工例のご紹介


土地情報はこちら

オープンキッチンでもっと家族との繋がりを

キッチンは、どんな形を取り入れるかによって使い勝手や雰囲気は大きく変わります。それに合わせて、リビングやダイニングの間取りも考えていくと、おしゃれな家づくりができます。

オープンキッチンを採用して、おしゃれな家づくりを楽しみましょう!