平屋だからこそ叶う!子育てを楽しめる家|かすみがうら

泣いたり笑ったり、振り回されたり、仕事とのバランスをとったり…と大変な子育て。振り回されてばかりでしんどいなあ…と感じる日々。そんな子育ても、暮らしという環境を整えておけば、ぐっと楽になることをご存知ですか?
平屋は子育てに最適な環境です。ずっと住み続ける家は平屋にするという選択をすることで、子育ても毎日の生活も、もっと快適に楽しくなります。

これから家づくりを始める子育て世帯の方々のヒントになる、『平屋の魅力』と『平屋で子育てを楽しむアイディア』をご紹介しましょう。

 


コラムのポイント
平屋の魅力は、強い構造や家族の繋がりを常に感じられること、動線の短さなどです。
・子育てをより楽しむために、庭の緑を活用する、家族同士の距離感を大切にする、家族一人ひとりのコンフォートゾーンを意識するなどして家づくりをすると良いでしょう。
・子育てという限られた時間だけでなく、子どもが独り立ちした後も夫婦で仲睦まじく暮らすことができる平屋が、これからの家づくりの選択肢かもしれません。


 

 

 

平屋の魅力

平屋は1階建ての住宅のことです。2階建てとは異なり、どっしりとした雰囲気ながらも、コンパクトなつくり。かつては、純和風のデザインで老夫婦の終の住処というイメージがあったかもしれませんね。しかし近年ではおしゃれなデザインも多く、若い子育て世代にも人気が高まっているのです。

 

強い構造

 

平屋は1階部分のみしかありません。そのため、建物の高さが低く台風や強風、地震にも強いつくりになっています。足腰が強く安定したお相撲さんをイメージしていただけるとわかりやすいかもしれませんね。どっしりとしているため、揺れにも強く壁や柱の破損も起きにくいつくりです。
また、2階部分がないので支える重量が少ないのもポイントです。2階部分の重さによって、災害時建物が崩れてしまうというリスクを少しでも下げることができます。

 

家族同士の繋がり

 

平屋はワンフロアの暮らしになるため、自然と家族が集まる環境が出来上がります。
家族皆が集まって過ごす時間は限られたもの。親は仕事で忙しいですし、仕事と子育てと追われながら毎日を過ごしていると、子どももあっという間に大きくなります。そして高校や大学を卒業する頃には家を出て、いずれ独り立ちをしていきます。子どもと過ごせる時間は、本当に限られているのです。そんな中、平屋のように家族が自然に集まる場所が家の中心にあることで、家族間のコミュニケーションをとる時間がふんだんにあります。その結果、円滑にコミュニケーションを取り、一緒に過ごす時間を大切にすることができるのです。

家族の繋がりを感じながら暮らす日々は、何事にも代えがたい大きな安心でしょう。

 

短い動線

 

平屋はコンパクトなつくりなので、どこの部屋に行くにもひと続きです。キッチンからトイレ、お風呂までがすべて同じフロアにあるので、移動が簡単です。
2階がある場合、重い荷物を持って2階に上がったり、洗濯物を干すために1階と言ったり来たりしたり、と何かと大変です。小さなお子様がいる場合は、階段で怪我をしないか心配になりますし、高齢になり足腰が弱ってきた時でも同じように暮らしていけるのかも気になります。
短い動線は、スムーズに移動することができるだけでなく、家事にかかる時間も減らすことができます。不要な時間を短くすることで、必要なところに時間をかけられるので暮らしの満足度は向上します。

土地情報はこちら


施工例のご紹介


土地情報はこちら

 

 

子育てを楽しめる暮らしのアイディア

住まいでは、家族みんなが繋がりを感じつつ、楽しく暮らすことが大切です。子育ても、楽しめる工夫を住まいに施しておきましょう。

 

ひとつなぎのワンフロアにも個の空間を

 

平屋は、ひとつなぎのワンフロア。ほどよい空間を保ちつつ、ほどよい距離感も保つことができます。
子どもとの時間も大切ですが、一人の『私』に戻る時間も大切。とはいえ、そんな時間はなかなかつくれない…。そんな時、平屋の暮らしなら家族との時間も大切にしつつ、『私』に戻る時もつくることができます。部屋として区切った空間を作らなくても、ちょっとしたワークスペースを設置する、マイチェアを購入する、といったちょっとした空間はつくれます。頑張り続けるのはしんどい、そんな気持ちもそっと包んでくれる優しさが、平屋の魅力です。

 

庭の緑とのほどよい距離感

 

中庭を設置すれば、平屋はどの部屋からでも庭に出られる構造にすることができます。いつでも庭に出られる開放感で、子どもたちはのびのびと育ちます。
子どもの教育として、塾や習い事などがたくさん充実していますが、自然と触れ合い育つことは塾や習い事にも匹敵する情操教育です。たくさんのものを与えなくても、草木や花、虫や風と接する中で、子どもたちは自分なりに感じ、吸収して成長していきます。
そんな子どもと過ごすうちに、お父さんお母さんも自然に笑顔があふれ、共に過ごす時間を楽しむことができるのです。

 

家族とのほどよい距離感

 

子どもにはああなってほしい、こんな風に成長してほしい。そんな想いが強くなるあまり、手をかけ過ぎてしまい、子どもが自ら成長する機会を潰してしまっている話は、子育て世代であれば誰もが聞いた事や思い当たる事があるかもしれません。
たっぷり愛情を注ぐ事は大切ですが、あまりにも手をかけすぎると子どもの成長を妨げてしまう可能性があります。子どもがどう成長していくかは、親の適度な距離感が子どもには大きく影響します。

家族それぞれの時間を大切にするために、リビングやダイニングで共に過ごしていたとしても、各々の時間は大切に過ごしましょう。子どもの一挙手一投足に反応しない、見守る力も大切です。手を出しそうになるところ、口を出しそうになるところをぐっと我慢することで、自分で考えて行動に移す力がつきます。また、各々の時間を大切にすることができるでしょう。

 

ママになってもプライベートを確保

 

平屋は土地が限られているため難しい…と思うかもしれませんが、家事室やワークスペースなど、自分だけの空間は家づくりの段階からぜひ検討しておきましょう。
コンフォートゾーンという言葉をご存知ですか?コンフォートゾーンは、ストレスや恐れがなく、安全に安心して、快適に過ごせる場所のことを言います。家はまさに家族にとってのコンフォートゾーンなのですが、さらに一人になれる空間も大切です。心地の良い家の中に、さらに居心地が良いと感じる自分だけのスペースがあれば、心に余裕を持って子育てをすることができます。刺激の少ない穏やかな空間をつくり、しっかりと活用しましょう。

土地情報はこちら


施工例のご紹介


土地情報はこちら

 

 

 

平屋で始めるやさしい子育て

子育ては大変なことばかりですが、暮らしという環境を整えておくことで視点が変わり、楽しむということができるようになります。

子育てという限られた時間、子どもたちが独り立ちをして夫婦だけの生活という時間、それぞれをより充実させられるのが平屋です。
これからの家づくり、2階建てか平屋かでお悩みの方は、ハグハウスつくばにぜひお問い合わせください。お客様にぴったりなプランをご提案させていただきます。