【今時の子ども部屋事情】新築で建てる前に気を付けたい3つのポイント|つくば

これから建てる新築の家。子ども部屋は必要?すぐに使わなくなるから不要?子供部屋を造るかどうかは、家づくりを進める方が必ずぶつかるテーマです。

今回は、子ども部屋の必要性、造る場合に気をつけたいポイント、子ども部屋に置くおすすめ家具をまとめています。これからの家づくりの参考になれば幸いです。

 


コラムのポイント
・子ども部屋は、時期によって要不要が変わってきます。子どもの成長に合わせて使い方を工夫しましょう。
・子ども部屋を造るときは、使い道、部屋の向き、部屋の広さをどうするかがポイントです。
・子供部屋に置く家具は、シンプルで勉強に集中できる良い勉強机、椅子、デスクライトを選びましょう。


 

 

 

子供部屋は必要?

 

自分の小さかった頃を思い返すと、子ども部屋があったけどほとんど過ごさなかった、思春期はほとんど子ども部屋にこもって過ごしていた、など様々な思い出が蘇るのではないでしょうか。

いざ自分が家を建てるとなると、子ども部屋が本当に必要なのかどうかがわからなくなるかもしれません。

 

成長に合せて子ども部屋を決める

 

 

子どもの成長によって、子ども部屋の要不要は変わってきます。

 

◼︎ 乳幼児期


生まれてから幼稚園、保育園に通うまでの間は、子どもは常に親の目の届く場所にいるので子ども部屋は必要ありません。

積み木やままごと、絵本などちょっと遊ぶスペースさえ確保できれば楽しく過ごすことができます。リビングやダイニングに収納スペースを造ることで、片付けも身につきますしこれといった不便はありません。

 

◼︎ 小学生の時期


小学生の時期は宿題をしたり友だちと遊んだりと、家ですることが乳幼児期と大きく変わってきます。子どもによっては、部屋にこもって勉強をした方が捗る子もいれば、親の側にいたい子もいます。

また、兄弟の有無によっても子ども部屋の必要性は変わってくるでしょう。兄弟がいる場合は、一緒に遊んだり宿題をしたりと、早い段階から子ども部屋を有効に活用することができます。

 

◼︎ 中学生〜高校生の時期


思春期を迎えると、子ども部屋のようなプライベート空間が必要になります。子どもの性格にもよりますが、デリケートに心も成長する時期なので、積極的に子ども部屋で過ごした方がいい場合もあります。家族とのコミュニケーションもとりつつ、こもりっきりにならないような工夫が必要です。

 

◼︎ 大学生〜就職


子どももいつかは自立して家を出て行きます。そうなると、子ども部屋は必要なくなります。

綺麗に掃除をして、夫婦それぞれが趣味の部屋にしてもいいですし、間仕切りや壁を取っ払ってシアタールームやゲストルームのような新たな価値を見出しても良いでしょう。

 

 

このように、子ども部屋が必要な時期があれば不要な時期もあります。どんな暮らしをしたいのかを明確にし、暮らしに合わせて家も形を変えていくことができるような間取りにしておくことが大切です。

 

 

土地情報はこちら


施工例のご紹介


土地情報はこちら

 

 

 

子供部屋を造るポイント3つ

 

新築の段階で子供部屋を造る!という場合は、次のようなポイントを押さえて家づくりを進めていきましょう。

 

 

ポイント⒈ 使い道を工夫する

 

子ども部屋は、子どもがまだ小さいうちは遊びの場として使われます。そして大きくなってくると、勉強の場、睡眠の場として使われ始めます。必ず必要な部屋ではないので、どのように使うかの工夫が必要です。

例えば兄弟がいる場合は、小さいうちは遊びの部屋、寝る部屋と分けておき、成長してきたら個室にする、という使い方ができますし、最初から部屋をしっかりと分けて自分の居場所を感じながら成長してもらうこともできます。

また、小さい頃から子ども部屋で勉強をする習慣をつけたいのであれば、遊びを持ち込ませず勉強のスペースにしてしまった方が、後々子どものためになることもあります。

子ども部屋が子ども部屋として実際に使われるのは、小学校から高校卒業くらいまでの約10年という意外と短い間だけです。子どもが家を出た後にどう使うか、成長に合わせてどんな使い方をするのかは、間取りを考える段階であらかじめ固めておくと、家づくりをスムーズに進めることができます。

 

 

ポイント⒉ 部屋の向き

 

部屋は極力、南側で太陽の光がたっぷり取り込めるようにしたい…という方も多いのではないでしょうか。太陽の光は、体内のコレステロールを骨や歯を形成するビタミンDに変えたり、体内時計を整えたり、セロトニンの分泌を促したりと子どもの成長に良い影響を与えてくれます。これらを考えると、南向きの部屋は子ども部屋には最適でしょう。

ただ、南側の部屋が確保できなくても心配は要りません。北側の部屋の場合、採光が安定しているので、集中しやすいと言われています。集中しやすい環境で勉強することで、成績アップも期待できるのではないでしょうか。

 

 

 

ポイント⒊ 部屋の広さ

 

子ども部屋に置くものは、最低でも机、ベット、本棚の3つは必要です。これらを置き、クローゼットも設置し、窮屈な部屋にならないようにする…と考えると、4〜6畳ほどが理想でしょう。

家の坪数によって難しい場合もありますが、ロフトを設置したり機能性の高い机と本棚がセットになった家具を揃えたりと工夫することはできます。勉強も睡眠も、といったほとんどの時間を子ども部屋でして欲しいのか、勉強はリビングでしてもらい、睡眠をとるだけの場所にして欲しいのか、というように子どもにどう過ごして欲しいのかを明確にして間取りを考えるようにしましょう。

 

 

 

土地情報はこちら


施工例のご紹介


土地情報はこちら

 

 

子ども部屋のおすすめ家具

 

子ども部屋の家具は、服や靴、自転車などのように子どもの成長に合わせるのではなく、最初から大きいもので揃えると良いでしょう。最近は、椅子や机など、幅広い身長差に合わせて高さを変えられるものがたくさん揃っています。経済的にも負担が軽くなります。

 

シンプルで大きい勉強机

 

パソコンや電子辞書など、勉強に使う道具は進化を遂げています。だからといって、小さい机でもいいというわけではありません。教科書、ノート、筆記用具だけでなく、参考書や資料集、辞書など勉強に使うものはたくさんあります。これらを窮屈にならず、広げられるだけの広さがある机を選ぶようにしましょう。

学習机のように目の前に本棚があるタイプの机は、使い勝手が悪く後々本が収まりきらなくなります。また集中しにくい環境をつくり出すものでもあるので、避けるのが良いでしょう。

 

姿勢を正し座り心地の良い椅子

 

椅子は足の長さに合わせて高さを変えられるものがおすすめです。床に足がつかないと、姿勢が悪くなる原因になります。姿勢が悪くなると視力の低下や集中力の低下などが起こるため、子どもにとっては良くないものです。

いい仕事をするために道具にこだわるように、いい椅子にこだわることで勉強の効率は上がり集中力も高まり、結果として成績にもいい影響を及ぼします。

 

明るいデスクライト

 

手元の明るさは大切です。目の負担を少なくするだけでなく、作業効率を上げることができます。また、目の前の勉強に関するところだけが明るくなることで周りが目に入らなくなるため、集中力を上げることもできます。

明るさの調整ができるもの、目に優しいもの、デザイン性の高いものなどたくさんの種類があります。子どもと一緒に選ぶことで、勉強に対する意欲を高めることができるかもしれませんね。

 

 

 

家族の暮らしに寄り添った間取り選びを

 

子どもが小さい間、思春期の間、巣立っていった後…と、子ども部屋を考えるとなると、長い将来を見据えた人生設計、将来的な家の姿も考えることになります。

これからの家づくりは、どんな暮らしをしていきたいのか、どんな家族の形を作り上げたいのか、といった夢や希望に思いを巡らし、悔いのないように進めていきたいですね。

 

家づくりに関する質問や疑問は、いつでもお問い合わせください。それぞれの家族の形に寄り添って、アドバイスさせていただきます。