【自然素材の家】メリットデメリットを知って快適な暮らしを

家族ができたらいつかは住みたい!と憧れている方も多い自然素材の家。柔らかい雰囲気で、体に優しい、といいところがたくさんあります。せっかく建てるなら、メリットばかりではなくデメリットも理解した上で暮らしたいですよね。

 

今回は、自然素材の家のメリットとデメリットをまとめてご紹介します。それぞれを知ることで、納得した上で家づくりを進めていきましょう。このコラムが自然素材の家づくりに一歩踏み出すきっかけとなれば幸いです。

 

 


コラムのポイント

・自然素材の家とは、化学物質が含まれない自然の素材で建てた家のことをいい、温かみのある家にこだわる方、シックハウス症候群をお持ちの方、自然素材の特性がお好きな方に好んで選ばれています。

・自然素材の家のメリットとして、肌触りの良さや調湿効果、年々強度が増すことによるランニングコストの低さなどが挙げられます。

・このコラムを読んでいただくことで、自然素材の家のメリットとデメリットを知り、今後の家づくりに活かしていくことができます。


 

 

土地情報はこちら


施工例のご紹介


土地情報はこちら

 

 

 

自然素材の家の特性 


温かみのある雰囲気で、肌触りも優しい自然素材の家。この自然素材の家には実は定義はありません。主に、『化学物質が含まれない自然の素材で建てた家』のことを指します。化学物質が含まれない素材というのは具体的には、漆喰や珪藻土、無垢材、コルク材などを指します。これらの自然素材は、化学物質を含まないことで近年注目されています。シックハウス症候群やアレルギーなどをお持ちの方にとっては、これらを引き起こすホルムアルデヒドなどの化学物質が含まれないことが大きな安心となるからです。

 

 

シックハウス症候群とは?


シックハウス症候群とは、家が原因で、頭痛や吐き気、湿疹、鼻水、喉の痛みが引き起こされる症状のことです。住環境は昔に比べ、高気密化や高断熱化が進んだことにより一定の温度を保つことが容易にできるようになり、とても過ごしやすくなりました。その一方で、建材から化学物質が発生したり、それによって室内の空気が汚染されたり、ダニやカビ、細菌などが繁殖しやすくもなりました。これらが原因となってシックハウス症候群は引き起こされ、家から離れると症状が緩和するのです。

 

また、似たような症状で化学物質過敏症というものがあり、これは化学物質に対して体が過敏に反応し様々な症状を引き起こすものです。原因として、シックハウスや農薬、シャンプーなどが挙げられます。

 

 

調湿効果で快適な毎日


自然素材の家は、調湿効果に特に優れています。これによって、湿気が多い時期には水分を吸収し、乾燥している時期は水分を放出することで湿度が一定に保たれます。湿度が一定に保たれることで、常に快適な室内で暮らすことができます。

また、断熱性も非常に高いのが特長です。猛暑日になるような日でも、雪が降り積もる冬でも、気温を一定に保とうとしてくれます。

 

 

長い人生の中で、一長い時間を過ごす自分の家。この家が快適な空間であれば、日々の暮らしがより豊かになるだけでなく、自然素材の持つ温かみのある風合いが、心を穏やかに和ませてくれるのです。

 

 

 

 

 

自然素材の家のメリット


たくさんのメリットがある自然素材の家での暮らし。知れば知るほど、自然素材の家が好きになっていくのではないでしょうか。

 

メリット① 素材の心地よい肌さわり


漆喰や珪藻土、無垢材など多くの種類の自然素材が使われています。鉄筋コンクリートのシンプルさやスタイリッシュさにはない、肌さわりの優しさを常に感じることができます。肌さわりのいい素材は、いつまででも触っていたくなりますよね。心地よいさわり心地に囲まれて、毎日を過ごすことができます。

 

 

メリット② 調湿効果が高い


自然素材の家の調湿効果が高い理由として、塗り壁の性質にあります。漆喰はは調湿性があり、湿気の多い日は余分な湿気を吸収して室内をカラッとした空気に保ってくれます。また、空気が乾燥しする時期は蓄えてくれていた湿気を吐き出すことによって室内に潤いを与えてくれます。このように、壁が自然に働き調湿を行ってくれるのです。

一年を通し、日本は気温や湿度の変化が激しい環境にあります。機械を使わなくても室内を快適な温度に保ってくれることは、とても大きな魅力ではないでしょうか。

 

 

メリット③ 時が経つにつれて強度が増す


無垢材の場合、素材の特性として膨張と収縮を繰り返します。この作用によって隙間や反りが発生してしまうため、ネガティブなイメージを持たれることもあります。しかし、この膨張と収縮を繰り返すことによって素材の強度は増しているのです。この特性は、あらかじめ素材に加工を施しておくとある程度抑えることができるので建築の段階で確認しておきましょう。

 

 

メリット④ 長期的な視点で見るとローコストな家


自然素材の家は、鉄筋コンクリートなどの住宅に比べ、建築費は高くなる傾向があります。そのため、ローコストで家を建てたい方にとってメリットを感じにくいものかもしれません。しかし、強度が増したり、しっかりとお手入れをすることで素材が長持ちしたりすることによって、後のメンテナンス費用を抑えることができます。結果、ローコストな住宅となるのです。

 

 

このように、多くのメリットがあります。

 

 

 

自然素材の家のデメリット


魅力の多い自然素材の家ですが、いい部分もあればそうでない部分もあります。順に見てみましょう。

 

 

メリット① 素材のばらつきが出やすい 


自然素材の家は、自然の素材を使っているためどうしても誤差や素材の変化が生じてきます。無垢材の場合、乾燥することで木が反ったりねじれたりするだけでなく、割れや変色が生じることもあります。また、漆喰なども乾燥によってひび割れが生じたり、素材のばらつきが目立ったりする場合があります。素材の特性上、同じ木目や色で統一するのはどうしても難しく、さらに年々変化していくとなると、当初のイメージと違う、と思うかもしれません。これらは個性、経年変化として捉え、楽しんでいくと良いでしょう。

 

 

デメリット② 水に弱い


飲み物や食べ物をこぼしたら、すぐに拭き取るようにしましょう。水や汚れにあまり強くないため、長時間水分や汚れをそのままにしておくと、素材が痛んでしまいます。汚れやすくなるだけでなく、カビが生えやすくもなります。

小さなお子様がいる場合、ケアが行き届かない可能性が高くなるので、タイルや石材をうまく活用するのも一つの手段です。

 

 

デメリット③ 施工費用が高め


材料を一気に製造できるようなものとは異なり、自然素材の家に使う資材は内装材として一つひとつを仕上げる上で、多くの手間や時間がかかります。無垢材は膨張と収縮を繰り返すので、木目を見て変形を予想した上で家を建てていきます。これには熟練の技術が必要で、これらの手間や時間、技術料を考えるとどうしても価格は高くなります。

価格が高くなったとしても、手間をかけて愛情を注がれて建った家に住むことは、家への満足度を上げてくれます。大事な家族をずっと支えてくれる存在への投資だと思うと、ネックになりにくいのかもしれません。

 

 

 

デメリットも受け入れた上で、自然素材の家を楽しむことで、より良い家づくりや暮らしができるのではないでしょうか。

 

 

土地情報はこちら


施工例のご紹介


土地情報はこちら

 

 

 

快適な暮らしは素材の理解から


様々なメリット、デメリットを挙げましたが、やはり化学物質を含まない暖かな風合いの自然素材の家は、魅力あるものです。他にも、音が吸収され反響しにくい、木の香りに包まれて暮らすことができる、などきりがありません。

 

長い人生を過ごす家ですから、こだわって快適な家に住みたいですよね。

自然素材の家での暮らしを実現されている方の実例も参考に、これからの家づくりを進めていってくださいね。

 

家づくりのご質問は、お気軽にお問い合わせください。