身体に優しい『自然素材の家』という選択

 

 

 

 

肌さわりがよく、温かみのある自然素材の家。日々の暮らしの心地よさや快適さを考えた時に、選択肢として上がるのではないでしょうか。自然素材の家は、他の工法では持ち合わせていない魅力がたくさんあります。

 

自然素材の家とそうでない家との違い、建てる際の注意点を知って、今後の家づくりに役立てていきましょう。

 

 


コラムのポイント

・自然素材の家は化学物質を含んだ素材を使わず、天然の素材を使って建てられた家のことで、漆喰や珪藻土、無垢材をふんだんに使って仕上がっています。

・自然素材の家には化学物質が使われておらず、素材自体が年々強度を増していくという、違う工法では実現しない良さがあります。

・自然素材の家を建てる時は、自然素材を知り尽くした経験値の高い業者に頼むこと、建築費が高くなることは受け入れることがポイントです。


 

 

土地情報はこちら


施工例のご紹介


土地情報はこちら

 

 

 

自然素材の家は優しさでできている


ふんだんに自然素材を使い、体に優しいイメージの自然素材の家。自然素材の家とは、化学物質を含んだ素材を使わず、天然の素材を使って建てられた家のことをいいます。主な素材として、漆喰や珪藻土、無垢材などがあります。

 

漆喰


『呼吸する壁』と言われている漆喰。これは空気中にある二酸化炭素を少しずつ吸収することによって壁に塗られた漆喰がゆっくりと固まっていく、という性質を持つためです。年月の積み重ねとともに固まっていくので、だんだんと変化していく様子を楽しむことができます。調湿機能も備えているので、漆喰自体が湿気や乾燥を防いでくれます。そして、漆喰は燃えない素材なので防火対策にもなります。

 

珪藻土


珪藻土は非常に高い湿度調節機能を持っています。湿気を吸収したり放出したりすることによって、脱臭や消臭も合わせて行います。湿気の多い季節でも、カビやダニが発生しにくい環境をつくってくれる上、防火性や防音性にも優れています。

 

無垢材


合板や集合材ではなく、丸太からそのまま切り出した木材のことを無垢材といいます。品質にはばらつきがあるものの、木本来の風合いがあり、湿度調整も行います。

 

 

自然素材の家は、日本の風土にあった素材をふんだんに使っています。メンテナンスには手間がかかりますが、この家をお手入れしながら大切に住み続けることが古くからの日本の慣習でした。

技術力の進歩や人々の考え方の変化によって、新しい素材、お手入れに手間のかからない素材がたくさん生まれ、それらを使った家にだんだんと家づくりはシフトしていきました。しかし、それでも自然素材の家の良さを知り、後世に伝えていくためにも、大切に住み続けるためにも、廃ることなく自然素材の家は今また注目されています。

 

 

常に新鮮な空気に包まれた暮らし

材料に化学物質を使った家や、接着剤をふんだんに使った家の場合、徐々に空気中に化学物質が放出されていきます。その放出された化学物質によって、アレルギーが引き起こされたりシックハウス症候群の原因となったりするのです。

しかし、自然素材の家は化学物質を放出する恐れがありません。また、自然素材そのものが生きて呼吸をしているので、通気性に優れ、常に新鮮な空気を取り入れてくれます。化学物質に囲まれた暮らしと、新鮮な空気に囲まれた暮らし、どちらが心身ともにいい影響を与えるかと言われたら、自ずと答えは決まっているのではないでしょうか。

 

 

 

 

自然素材の家は普通の家とどう違う?


自然素材の家は、通常の家と比べ大きく違うポイントが3つあります。順番に見てみましょう。

 

 

違い① 化学物質の有無


家の建築材や資材だけでなく、家具や日用品にもたくさんのホルムアルデヒドという化学物質が含まれています。このホルムアルデヒドによって、シックハウス症候群が引き起こされており、近年問題になっています。

 

シックハウス症候群とは…

建築材や壁紙の接着剤、家具や書籍など多く使われる化学物質である、ホルムアルデヒドやVOC(揮発性有機化合物)の空気汚染によって発症。めまいや鼻、喉が痛くなる、頭痛、かゆみ、吐き気、不整脈、手の痺れ、呼吸器障害など様々な症状引き起こされる。

化学物質の規制強化の遅れだけでなく、住宅の高気密化や換気不足も原因といわれる。密閉空間で有害化学物質を大量に吸い込む、長期間にわたって吸引し続ける、などによってある日突然発症する。

 

シックハウス症候群は、いちど発症してしまうと身近な化学物質すべてに反応し、日常生活に支障をきたします。なってしまう前に防ぐに越したことはありません。

暮らす前から、化学物質や空気汚染の心配をしなくてもいいのが自然素材の家なのです。

 

 

 

違い② 家そのものが生きている


自然素材の家でない場合、通気性に問題が生じる場合があります。日本は高温多湿の環境にさらされているため、通気性が悪ければ湿気やカビに悩まされてしまいます。

自然素材の家は、漆喰や珪藻土、無垢材などそれぞれが生きて呼吸しているので、湿度を一定に保ち快適な空間を作り出してくれます。床や壁が知らず知らずのうちに調整してくれていることで、常に心地よさに包まれて生活することができます。

 

 

 

違い③ 強い家に成長


自然素材の家に使われている木は、時間が経つにつれて強度が増していきます。それは木が生きており、水分を吸って吐いて…という調湿を繰り返すからです。また、漆喰も時間が経つ中で強度を増していきます。家全体が、年月をかけて強度が増していくのです。

これが合板や集合材だった場合、最初は美しく整った状態を保つことができるのですが、時間が経つにつれてどんどん劣化し、傷や痛みが目立っていってしまうのです。

 

何十年、何百年前に建てられたはずの神社や蔵が、今もなお当時の姿を保ったまま健在していることを想像してみれば、自然素材の家の強度が増していく、という理由はご理解いただけるのではないでしょうか。

 

 

土地情報はこちら


施工例のご紹介


土地情報はこちら

 
 

 

自然素材の家を建てるときの注意点


自然素材の家を建てる時には、いくつか注意点があります。

 

 

⒈ 自然素材を知り尽くした業者に頼むこと

床や壁に使う無垢材は、建てた後も膨張と収縮を繰り返します。そのため、木目を見てどう変形するかを予想し見極めた上で家を建てていきます。この見極めには、熟練の技術が必要です。自然素材の家の建築実績の少ない業者よりも、実績が多く建てた後のお客様の声が多く寄せられている業者を選ぶようにしましょう。過去の建築実例が多く、その過程を見ることができるとより安心です。

 

 

 

 

⒉ 費用はかかるものと受け入れること

材料を一気に製造できるような合板や集合材とは異なり、自然素材の家に使う資材は内装材として一つひとつを仕上げています。それには多くの手間や時間がかかり、相応のスキルが必要になります。これらの手間や技術料を考えると、自然素材の家づくりにかかる費用はどうしても高くなります。

自然素材の家は高い、と言われますが、それだけの理由があります。手間をかけて愛情を注がれて、じっくりと大切に建てられた家に住むことは、家への満足度を上げてくれますし、たとえ費用が高くなったとしても、大事な家族をずっと支えてくれる存在への事前投資だと思うと、それだけの思いと資産をかけられるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

安心に包まれるための家づくりを


長く住み続けることを思えば、安心して住み続けられる家である、ということは第一条件です。

自然素材の家は、体に優しいだけでなく、安心からくる精神的ゆとりも生み出します。これから家づくりを始める方は、ぜひ自然素材の家をご検討ください。